前へ
次へ

ビジネス名刺において工夫をしたいポイントについて

名刺は小形の紙片に、氏名、会社名、肩書き、住所など個人に関する情報を記したもので、主に初対面の相手と接する際、自己紹介の為に相手と交換したり、一方的に手渡したりするものです。
最近では、大学生同士、ママ友同士、共通の趣味の者同士でも交換を行いますが、ビジネスの場では特に重要になってきます。
また、既に知られた企業に勤務される方よりも、個人事業主や新規創業の方にとってはそのような機会が特に重要になってきます。
人脈形成の為、異業種交流会などに参加すると、通常、何十人かの方と名刺の交換を行います。
ただ、意識をしたいのは、単に交換という行為をするだけでなく、いかに相手に自分を印象付け、その後の取引につなげていくか、ということです。
その為には、名刺も一工夫が必要です。
交換後でも相手に忘れられないように自分の顔写真を載せてみたり、自分の中核となる業務、強みを持っている業務を際立たせるような載せ方にする、など、非常に多くの方が思考錯誤をしております。
名刺は自分の分身となってPRをしてくれるもの、という意識を持つことが必要です。

Page Top