前へ
次へ

名刺は自分をアピールするためのツールです

サラリーマンなら誰でも持っているのが名刺です。
それが持つ役割というのは、仕事上の相手や初対面の相手に自分の会社名や所属などを知らせることです。
ですから自分の名前の他に会社名、所属先、連絡先の電話番号などが書かれています。
しかし唯一の欠点は、個性を表現しにくいということです。
その他多勢の名刺の中に埋もれてしまう恐れがあります。
また近頃では、インターネットを利用したメールなどを活用する傾向が強くなっています。
メールアドレスの方が整理しやすく、活用しやすいというメリットがあります。
だからといって名刺の有効性がなくなったわけではないのです。
色々な工夫をして自分の個性を主張するケースが増えているのです。
例えば印刷を多色刷りにしたり、自分の似顔絵を印刷したりする人がいます。
また観光地などでは、三つ折りにして写真を載せたり、見所を紹介したりなどの工夫をしている変則的な名刺もあります。
このように工夫次第でおしゃれな個性を表現できるのです。

Page Top