前へ
次へ

交換した名刺をどのように管理していくか

最近では、ビジネス、プライベートを問わず、多くの方々が自分の名刺を持っており、主に初対面の相手と接する際に自己紹介目的で相手に手渡したり、交換し合ったりします。
特にビジネスの場においては、異業種交流会や経営者団体の会に参加すると一度に何十枚もの相手と名刺交換を行い、ケースの中は一杯に膨れ上がることでしょう。
ここで大事になってくるのが、受け取った後の管理方法です。
引き出しの中に無造作に詰め込んでおくだけでは、その後の人脈作りにはまず役立たないと言ってもよいでしょう。
では、どのように管理をしていくか。
最も一般的でかつ簡単なのは、専用のフォルダーに入れて管理をする方法です。
フォルダーは100円均一の店舗でも販売されていますが、長く保管することを考えれば、丈夫で長持ちしそうな造りのものを選んで購入する方がよいでしょう。
紙で保管するのではなく、データ化して管理する方法もあります。
専用の名刺管理ソフトも多く出回っておりますが、手っ取り早いのは、写真にとって画像で管理する方法です。
また、連絡先など頻繁に使用する項目はエクセルでデータベース化するのもよいでしょう。
名刺を受け取った後の管理方法は、ビジネスにつなげる意味でも非常に重要であるといえます。

Page Top