前へ
次へ

名刺の役割を考えた時に見えてくるもの

名刺は今では仕事上の付き合いでは普通に使われるだけにその重要性を認識しながらも再確認する人は少なく、それ故に変化を与えずに惰性のままに使い続ける傾向も見られます。
確かにその場の雰囲気によっては普通の名刺が効力を発揮する事もあるのですが、先を見据えた形で考えるのならばその役割というのも熟慮する必要性もあるのです。
何の変哲も無い物よりはふとした事で思い出せる様な名刺ならば、自ずと渡した人のチャンスというのも広がる事になります。
ただし作る場合には重要な要素を押さえた上でアピールすべき点は絞り込む事も大事で、そう言った部分が薄れる物だと返って逆効果となる可能性もあります。
例えばデザインだけが派手で伝えたい事がボヤけてしまう様な物であれば一瞬は思い出してはくれますが、下手をすると社名や名前に関しては興味を持たれない可能性もあるのです。
そうなると本来の役割を果たしているとはとても言えないので少なくとも、文字に関しては読み易いと言った事を心がけて名刺は作る必要もあります。

Page Top